審美治療コラム

なぜ歯は変色するのか?

「あれ、毎日は磨いてるのになんでこんなに黄色くなってるんだろう」なんて思ったことがある人は多いのではないでしょうか。
白く美しい歯は誰にとっても憧れ。逆にどんなに歯並びがいい美人さんでも歯が黄ばんでいたらがっかりしますよね。
ではなぜ歯は変色してしまうのでしょうか?
その主な理由について説明しましょう。

①色素
色の濃い飲み物や食べ物を好む方は、歯に色素(ステイン)が付きやすくなります。
これは、飲食物の色素なのですが、一度ついてしまうと、普通のブラッシングでは落ちません。
色素がつきやすいものとしてはコーヒー、紅茶、緑茶、赤ワイン、コーラ、ココアなどの飲料のほか、カレーライスやケチャップ、合成着色料を使った食品が代表的。
たばこや葉巻も着色の原因になります。

②加齢
人間は年をとるとカラダが全体的に老化していきます。
歯も例外ではありません。歯の象牙質はもともと黄色なのですが、加齢とともにその色が濃くなります。
そして日々のブラッシングや咬耗などで、象牙質を覆うエナメル質が薄くなり、象牙質の色が透けて見えてきてしまうのです。

これら2つが原因の場合は、歯のクリーニングやホワイトニングできれいにすることができます。

③神経がない
虫歯が原因で「神経をとる」のはよく聞きますね。
本人が気づかないうちに歯の神経が死んでしまうこともあります。
そういった歯は、特に「神経が死んでしまった歯」は時間がたつにつれて内側から黒ずんでいきます。
この場合は、オールセラミックやメタルボンドなどのかぶせ物をする治療が必要になります。

変色の理由がわかれば、治療方法も変わってきます。
必要以上に強くブラッシングする前に、まずはかかりつけの歯科医に相談してみましょう。