審美治療コラム

自然の歯のような仕上がりが期待できるオールセラミック

「歯の形が悪くて口を笑う時に気になる」
「色が変色してしまった」

などなど、自分の歯に対する悩みを密かに抱いている方は多いのではないでしょうか?
自分の歯が白く美しく、歯並びも綺麗だったら、自分に自信が持てますよね。
もし、思いきって歯科医院に通って治療するのであれば、審美的により綺麗な仕上がりで安全なものを期待するのはとても自然なことです。
歯を治療する時、歯に詰め物をしたいり、何かをかぶせたりするわけですが、その材質を何にするかで機能的にはもちろん見た目も大きく変わってきます。
機能的にも審美的にも優れている「セラミック」を使う方法が注目されています。


●セラミックとは?

セラミックとは陶器のことで、メタルセラミックのような金属を一切使わずに陶器のみで作ったかぶせものや詰め物のことを「オールセラミック」といいます。
オールセラミックの治療方法としては、土台となる「フレーム」とそれにかぶせる表面部分がすべてセラミックの「オールセラミッククラウン」、セラミックだけで作られた詰め物(インレー)をさす「オールセラミックインレー」などがあります。


●オールセラミックの特長

・ 見た目がキレイ!
セラミックの最大の特徴は、なんといっても見た目が本物の歯のようにキレイなこと。
鏡をのぞけばお分かりいただけると思いますが、元から生えている歯はよく見ると全部が真っ白であるわけではありません。
歯茎に近い部分と歯の先端は微妙に色が異なり、先端の部分は少し透明がかっています。
オールセラミックなら、他の素材に比べて自然の歯のような色調と透明性を実現することができるのです。

・カラダにやさしい
歯に金属をかぶせたり、詰めたりすることがありますが、金属が溶け出していって体内に蓄積され結果、金属アレルギーが発症する恐れがあります。
セラミックはアレルギーの心配のないカラダに優しい素材なので、安心して使うことができます。

・耐久性に優れている
「セラミックって要はお茶わんだから割れちゃったりするんでしょ?」と心配する方がいるかもしれませんが、セラミックは非常に丈夫な素材です。
金属やプラスチックのように劣化することはありません。
また、色が変わりにくいことも特長で、素材自体はもちろん、金属を使用した際に起こる歯茎の変色もありません。


●オールセラミックのデメリット

機能的にも審美的にも優れているオールセラミックですが、治療が保険診療の対象となりませんので、自費診療になります。
とはいうものの、優れた点が非常に大きいので、もしオールセラミックで歯の治療をしたいのなら、まずは、かかりつけの歯科医に納得のいくまで相談することをおすすめします。