院長による定期的な症例紹介

DSC_0001.JPG

この患者様は、歯並びの改善と、左側の前歯の被せ物を反対側の右側の自分の歯とわからないようにすることと、奥歯の銀歯をセラミックで白くすることを主訴に来院されました。

DSC_0157.JPG

まずは、矯正が終わり、歯並びがきれいに整ったところです。
反対になっていた右上の2番目の歯も前に出てきたので、見た目的にもきれいに整いましたが、それ以上に食事がしやすくなったと思います。

DSC_5715.JPG

最後に、前歯の被せ物をやりかえて色を整え、奥歯の銀歯をセラミックに変えました。
患者様には、やっと自信をもって笑えるといっていただけました。



DSC_0011.JPG

術前の上顎のかみ合わせの面からみた写真です。
右上2番が中に入っているのがよくわかります。

DSC_0165.JPG

矯正後の上顎のかみ合わせの面からみた写真です。
歯並びがきれいになっているのがよくわかります。

ssa.JPG

前歯と奥歯の金属をセラミックに変えました。
金属がなくなり、患者さんに大変喜んでいただきました。


DSC_0013.JPG

術前の下顎の写真です。
銀歯がたくさん入っていて、どうしても目立ってしまいます。

DSC_0168.JPG

矯正後の下顎の写真です。
前歯のガタガタがなくなったのがわかります。

DSC_8385qa.JPG

奥歯の銀歯をセラミックに置き換えた後の写真です。
銀歯がなくなり、本当にきれいになりました。

 

トップページへ

DSC_6932.JPG

この患者様は、右(患者様から見て)の前歯の被せ物の色と、歯茎が下がって根が出てきたことを気にされて来院されました。
この患者様のように、前歯の1歯だけの色の違いを修正することは、セラミック治療で最も難易度が高いので、必ず仮歯を入れて形に問題がないことを確認した上で、セラミック専門の技工士が患者様とカウンセリングをする時間を持ち、希望する色や形を患者様と一緒に決めていきます。


DSC_7585.JPG

このようにして、技工士とのカウンセリングを経て、前歯が入りました。
出来上がった前歯は、露出していた根の部分も覆うことができ、色の方も左(患者様から診て)の自分の歯に比べても遜色ないところまで持っていくことができ、大変満足していただけました。

 

トップページへ

DSC_5639.JPG

この患者さんは、左側(患者さんからみて)の歯の、歯と歯の間の詰め物の変色とそこの虫歯を気にされて来院されました。
この詰め物は、過去に2回やり直していて、毎回歯を削るため少しずつ詰め物の範囲が大きくなってきていることをとても気にされていたので、今回は保険のレジンの詰め物ではなく、自費のレジンの詰め物で治療していくことにしました。

DSC_5645.JPG

左側の歯の虫歯を除去して、自費のレジンの詰め物で治療したところ、患者さんから左右の歯の長さが違うので修正してほしいとの依頼を受けたので、少し下げて修正しました(今回は歯茎の位置が少し違うだけだったので)。


DSC_5740.JPG

完成です。今回治した歯の奥の方にやや着色したような影がありますが、カウンセリング時に患者さんからはそこは虫歯ではないので触らなくてよいとの指示をいただいていたので、それ以外の所を治療させていただきました。

 

トップページへ

DSC_1728.JPG

この患者様は、幼少期に15年矯正をして、その後15年この状態ですごされていたのですが、今回思い切って綺麗にしてみようと思い当医院を受診されました。
カウンセリングでは、もう一度矯正である程度歯並びをきれいにした後被せるか、歯を削る量が増えてしまいますが、矯正をせずにはじめから被せていくか悩まれていましたが、矯正をすると治療期間が2年は延びてしまうので、今回は最初から削って、オールセラミックのブリッジで治していくことにしました。


DSC_3455.JPG

仮歯の状態です。
虫歯で保存が不可能な歯を抜いた後ですので、仮歯の下に少し隙間ができています。


DSC_4046.JPG

オールセラミッククラウンのブリッジが完成しました。
仮歯の時にできていた歯の下の隙間も埋まりました。
そして、歯の大きさが初診の時と比べ小さくなったので、顔貌とマッチして、笑った時の感じが大きく改善され、患者さんは大喜びでした。
また明日からも、技工士とともに努力を怠らずに、全力で頑張っていきます。

 

トップページへ

DSC_2406.JPG ➡ DSC_4438.JPG

前歯が割れた状態で来院されたので、急遽仮歯を付け、後日修正しました。

DSC_4799.JPG ➡ DSC_5161.JPG

その後、最終的な被せ物を想定した仮歯に変えて、患者さんから満足を得られたので、
最終的な被せ物にしていきました。

 

トップページへ
1  2  3  4  5