院長による定期的な症例紹介

 

DSC_4471.JPG   DSC_5296a.JPG

この患者さんは、就職活動が始まる時期にきて、高校生の時に神経をとって変色してきた前歯の色を気にされて来院されました。
今回は、変色した歯の長さが、反対側の歯の長さと違うこともあり、変色と歯の形態を合わせるという2つの問題を解消するために、セラミックの歯(メタルボンド)を入れて行くことになりました。
治療は、神経の治療から始まり、仮歯で大きさや形を調整していき、患者さんの了承をへて完成させました。
患者さんには、『自信をもって就職活動にのぞめます』と言っていただけました。

トップページへ

DSC_1714.JPG  DSC_2938.JPG



DSC_2321.JPG  DSC_2929.JPG

この患者さんは、前歯の変色を主訴に当医院に来院されました。

十数年前に神経の治療をしてから、徐々に変色していったとのことでした。ですので、今回は根の治療をしてから、白いファイバーコアという金属を使わない土台を使って歯茎が黒くならないようにし、さらにその上から金属を使わないオールセラミックを被せて、二度と茶色く変色しないように、しっかり治療していくことにしました。

一番苦労したのは、もともとの歯が茶色く変色していたので、そこを少しでも薄くして歯を白くしていくことでした。

完成後は、患者さんの印象が見違えくらい変わり、とても素敵な笑顔ななり、大変喜んでいただけました。
 

トップページへ

DSC_0323g.JPG  2DSC_1063.JPG

 

トップページへ

DSC_2370v.JPG    DSC_2560vv.JPG

トップページへ

$MG_6860.JPG  ➡   DSC_2383.JPG


$MG_6861.JPG ➡ DSC_2381.JPG

トップページへ
前の5件 1  2  3  4  5  6  7

松年歯科クリニック医療メニュー

治療のご紹介

院長による定期的な治療紹介

松年歯科クリニック関連サイト