院長による定期的な症例紹介 (オールセラミッククラウン)

DSC_2479.JPG ➡ DSC_0316.JPG
この患者様は、以前行った矯正治療の影響で、ほぼ全ての歯が虫歯になってしまいました。
今回は、装置が全て取れたこともあり、思い切って全体的に治そうと思って当医院に来院されました。
患者様との相談の結果、上下の前歯は被せることなく、白い詰め物(ダイレクトボンディング)で治療し、奥歯は必要に応じてセラミックの詰め物や被せ物で治療していくことにしました。

DSC_2484.JPG ➡ DSC_0322.JPG
患者様は、治療が進むにつれて、日に日に歯がきれいになり、口元の印象が大きく変わっていきました。
それと同時に、表情がどんどん明るくなっていくのがわかりました。

DSC_2487.JPG ➡ DSC_0324.JPG  
そして、治療が終わった日に、最高の笑顔で帰って行かれたことが、いまでもとても印象に残っています。
今回の症例で、矯正治療中の患者様へのブラッシング指導や、クリーニングの重要性と、それを行う歯科衛生士さんのレベルアップを痛感させられました。当医院では複数の衛生士さんが活躍していますので、絶対にこのようなことがないように、明日からも衛生士さんとともにセミナーや学会に参加して、全てにおいて向上していこうと思いました。
 

トップページへ

DSC_4037.JPG ➡ DSC_0295a.JPG

DSC_4042.JPG ➡ DSC_0307.JPG

DSC_4044.JPG ➡ DSC_0306.JPG

この患者様は、上の前歯の隙間と、奥歯の虫歯を気にされて来院されました。
下の前歯と、上下の奥歯にも隙間があったので、矯正治療で隙間を閉じることを提案しましたが、患者様との話し合いの結果、今回は下の前歯の隙間はそのまま、上の前歯の隙間は白い詰め物(ダイレクトボンディング)、上下の奥歯の隙間はインプラント、奥歯の虫歯はセラミックの詰め物で治療していくことにしました。

治療は問題なくスムーズに終わり、後は左の倒れている一番奥の歯を起こして、インプラントを上下の隙間に埋入していきます。

また、インプラントが入って全ての歯が入ったら、このページで報告させていただきます。
 

トップページへ

DSC_0001.JPG

この患者様は、歯並びの改善と、左側の前歯の被せ物を反対側の右側の自分の歯とわからないようにすることと、奥歯の銀歯をセラミックで白くすることを主訴に来院されました。

DSC_0157.JPG

まずは、矯正が終わり、歯並びがきれいに整ったところです。
反対になっていた右上の2番目の歯も前に出てきたので、見た目的にもきれいに整いましたが、それ以上に食事がしやすくなったと思います。

DSC_5715.JPG

最後に、前歯の被せ物をやりかえて色を整え、奥歯の銀歯をセラミックに変えました。
患者様には、やっと自信をもって笑えるといっていただけました。



DSC_0011.JPG

術前の上顎のかみ合わせの面からみた写真です。
右上2番が中に入っているのがよくわかります。

DSC_0165.JPG

矯正後の上顎のかみ合わせの面からみた写真です。
歯並びがきれいになっているのがよくわかります。

ssa.JPG

前歯と奥歯の金属をセラミックに変えました。
金属がなくなり、患者さんに大変喜んでいただきました。


DSC_0013.JPG

術前の下顎の写真です。
銀歯がたくさん入っていて、どうしても目立ってしまいます。

DSC_0168.JPG

矯正後の下顎の写真です。
前歯のガタガタがなくなったのがわかります。

DSC_8385qa.JPG

奥歯の銀歯をセラミックに置き換えた後の写真です。
銀歯がなくなり、本当にきれいになりました。

 

トップページへ

DSC_6932.JPG

この患者様は、右(患者様から見て)の前歯の被せ物の色と、歯茎が下がって根が出てきたことを気にされて来院されました。
この患者様のように、前歯の1歯だけの色の違いを修正することは、セラミック治療で最も難易度が高いので、必ず仮歯を入れて形に問題がないことを確認した上で、セラミック専門の技工士が患者様とカウンセリングをする時間を持ち、希望する色や形を患者様と一緒に決めていきます。


DSC_7585.JPG

このようにして、技工士とのカウンセリングを経て、前歯が入りました。
出来上がった前歯は、露出していた根の部分も覆うことができ、色の方も左(患者様から診て)の自分の歯に比べても遜色ないところまで持っていくことができ、大変満足していただけました。

 

トップページへ

DSC_1852.JPG

この患者さんは、前歯の色と形、歯並びの改善を主訴に来院されました。
本来矯正が必要な患者様ですが、数か月後に結婚式を控えていて、それまでに何とかしたいとのことでしたので、今回は前歯の6本を被せ物で治していくことにしました。


DSC_5693.JPG

まず、前歯6本を仮歯にし、患者様と何度か話し合いをして前歯の長さを決めました。
短くすると、下の歯との間に隙間ができてしまいますし、長くすると見た目の問題が出てきますので、仮歯にレジンを盛ったり、削ったりしながら、様子を見ていきました。
そして、何回かの調整の後に、前歯を作るセラミック専門の技工士さんとの直接の話し合いで歯の長さを決めました。


DSC_5680.JPG

最終的なセラミックの前歯が入り患者様には大変満足していただけました。

 

トップページへ
1  2  3