審美治療コラム

審美歯科治療としてもメリットの多いインプラント
歯医者での治療といえば、虫歯や歯肉炎などで痛みを感じたり、怪我などで歯が抜けてしまったり……そういったときに行うというイメージが強いのではないでしょうか。
歯の治療に関しては痛みや怖さが先行してしまい、歯科医院にはできるだけ行きたくないという方が多いかもしれません。
近頃は、歯の治療に関して「審美歯科」という言葉が知られてきています。
歯の治療や機能的な面の回復ばかりではなく、その見た目にも配慮した治療が「審美歯科」です。
 
■人にも見られる部分だからこそ重視したい美的な側面
例えば人の前で笑顔を見せたり、はきはきとしゃべったりするとき、歯は自然と口元から見えるものですよね。
また口を閉じていて直接歯が見えるわけではないときでも、歯は口元の見た目に大きく影響しています。
歯全体が口内でしっかり噛み合わされていることで口元が引き締まり、全体が綺麗に見えるという効果があるんです。
 
歯の健康は身体全体の健康につながるということは有名ですが、健康ばかりではなく見た目の美しさ、美的側面においても歯の状態の良さはとても重要な比重を占めているのです。
ですから、本来歯の治療をする上では、痛みなどの症状を改善するとともに、その見た目にも配慮することが必要です。痛みがなくなり、食事や発音をする上では問題がなくなったとしても、歯の見た目が変わってしまうとどうしても人の目が気になり会話を楽しめませんよね。
治療した部分を気にしすぎると自然と噛み合わせも悪くなり、お顔や表情にもそれがあらわれてしまいます。
 
「審美歯科」は、歯の機能的な側面だけではなく美的な側面もカバーして総合的に治療していくことを指します。
機能だけ、見た目の美しさだけではなく、その両方を満たしてこそ真の歯科治療といえるでしょう。
 
■美しさを保てるセラミック
審美歯科において、歯の白さや美しさをキープするために使われる素材がセラミックです。
インプラント治療においても、人工歯の部分はセラミックで作られた物を使用しています。
 
セラミックは、元々自然な白さを持っている他、長期間使用していても変色したり錆びたりするリスクが少なく、歯はもちろん歯茎部分の色素沈着も防げるとても優れた素材です。
また見た目の美しさばかりではなく機能性にも優れていて、耐久性の面でも安心度が高いのも大きなメリットです。
失ってしまった歯をカバーする治療の中で、セラミックの人工歯を利用できるのはインプラント治療のみです。
インプラントであれば、機能性が良いのはもちろん、見た目の面でも元々の歯と変わらない美しさをキープすることができます。
入れ歯やブリッジなどの治療と比べた場合、インプラントはこれらの点について大きくリードしているということができますね。
 
■機能的側面・美的側面、どちらの問題もクリアできるインプラント
たとえ1本だけであっても歯を失ってしまうと、機能的な意味でも美しさの面でも、その影響は計り知れません。
どこか1本の歯が欠けてしまうだけで、噛み合わせた際に対応していたもう一方の歯が伸びてきてしまい、全体の噛み合わせが悪くなってしまいます。
しっかり噛み合うことで上手く削れていたのが、対応する歯を失うことでバランスが崩れてしまうのですね。
 
また失った歯の良サイドの歯も、急に空いたスペースに倒れ込んでしまい斜めになっていきます。こうなると矯正して生え方を整えるしかありません。
たった1本歯がなくなるだけでこれだけの影響があります。
さらにこういった状況ですのでどうしても物を噛む側が偏るようになり、左右どちらか一方の負担が増えていきます。
結果として、状態が良かった側の歯の状態も悪くなっていってしまうのです。
そしてこれらの歯の状態は、表情や口元の様子にももちろん影響します。
たとえ抜けたのが奥の歯で、普通にしていればわからない部分だとしても、徐々に顔全体の印象が変わっていきます。
インプラント治療は、失った歯を取り戻すだけではなく、こうした美的側面の問題もしっかり解決できる治療法です。
 
インプラント治療では、入れ歯やブリッジとは異なり、失った部分の顎の骨に直接人工の歯を取り付けることになります。
その分治療に時間はかかってしまいますが、治療が完了した後の安定感は他の治療法とは段違いです。
先ほどご説明した通り、入れ歯やブリッジとは異なりインプラントではセラミックの人工歯を使いますので、見た目はもちろん機能的側面の問題も解消することができます。
入れ歯ではしっかり噛めず固いものが食べられなくなることも多いですが、インプラントならそういった心配はいりません。
好きなものを好きなだけ食べられるようになるのです。
噛み合わせについても計算して人工歯を取り付けますので、上下の噛み合わせも良くなり、歯を失ったことによる口元や表情への影響もなくなります。
人工歯自体の見た目も自然な白さで綺麗ですので、例えば前歯をインプラントにしたとしても全く問題ありません。
人の目を気にすることなく自然におしゃべりを楽しみ、笑顔で人と接することができるのです。
 
機能性と美的側面の問題を一挙に解決できるインプラントは、歯を失った方にとってあらゆる意味でメリットの多い治療法といえます。